スポンサードリンク

キイナ〜不可能犯罪捜査官 第9話(最終回)ネタバレあらすじ

キイナ〜不可能犯罪捜査官 第9話「神隠し」(最終回)

春瀬キイナ(菅野美穂)は、通勤時間で人々が行き交う駅前で「キャー」と言う悲鳴を聞く。見ると男が上半身を炎に包まれ、倒れるのが見えた。目撃者の証言によると、男の体から、突然、大きな炎が燃え出したと言うのだ。

そんな折、工藤真一郎(塚地武雅)の娘・莉子(森迫永依)から「同じクラスの友達が何日も無断欠席している」と相談を受けた。欠席している友達が住んでいる風見団地には「幽霊が出る」との噂もあり、キイナと山崎尊(平岡祐太)は、早速、莉子と一緒に風見団地に行ってみる。すると、どの家も、新聞などが溜まっており、中に人の気配がまったくない。しかも、夜になったにもかかわらず団地内すべての家に灯が点いていないのだ。


翌日、警察が調べると、団地の全ての住民が姿を消していることが分かった。行方不明者は、約300人。テレビ局には『風見団地の人たちの命は預かった』との犯行声明が書かれた手紙が届けられ、テロや組織犯罪の可能性も取りざたされ、特別捜査本部が設置された。

犯行声明の手紙に付着していた指紋から、差出人は、風見団地に住む後藤栄一(八十田勇一)だと判明。後藤には、傷害の前科があり、住民の話しによると、かなりのトラブルメーカーだったのだ。

早速、後藤を重要参考人として追跡がはじまった。しかし、キイナだけは後藤は犯人じゃないような気がして――。



キイナ〜不可能犯罪捜査官 第9話(最終回)ネタバレ

風見団地の住民たちを神隠しに遭わせた犯人は、大学で認知心理学の研究を行う心理学者小早川政則(加藤雅也)だった。

小早川は、同じ大学に清掃員として勤める後藤栄一(八十田勇一)を利用して、団地の住民たちが参加した映画鑑賞会で流されたDVDを、サブリミナル効果が仕掛けられたDVDに摩り替えさせていた。

サブリミナル効果とは、目に見えない速さや音量で映像・音声等を繰り返し見せ、洗脳すること。

小早川は映画鑑賞会で使われたDVDに、1/30の速さで「大地震が起きる」というメッセージを挿入。洗脳された住人たちは、映画の最後に挿入された「ある場所に行けば助かる」というメッセージに従い、結果、風見団地の住人全てが神隠しに遭ったように突然、姿を消したのだった。

また、冒頭でキイナ(菅野美穂)が見た人体発火で燃えていたのは、最初に犯人と疑われた後藤だった。

だが、この人体発火は自然現象ではなく、実は小早川によって行なわれた殺人。

街頭カメラには、後藤が燃える前に後ろから近づいて火をつける男の姿が映っており、その男のはいていたジーンズの縫い目から、犯人が小早川であることが判明。ジーンズの縫い目には、それぞれ違う模様が出来るため、後藤に火をつけた男が小早川だったことが証明された。

小早川が風見団地の住民をサブリミナル効果で洗脳した動機は「人の心をどこまで操れるか試してみたかった」という、身勝手な実験だった。

スポンサードリンク
posted by キイナ〜不可能犯罪捜査官ネタバレあらすじブログ | キイナ〜不可能犯罪捜査官ネタバレあらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。