スポンサードリンク

キイナ〜不可能犯罪捜査官 第4話ネタバレあらすじ

キイナ〜不可能犯罪捜査官 第4話「死を鑑る占い」

遠藤桜(小池栄子)の高校時代からの親友・高原美和子(黒坂真美)が “奇跡の占い”で話題の、大人気占術師・星宮麗香(南野陽子)の占い通りに運命の人と出会い、近々結婚すると聞いた春瀬キイナ(菅野美穂)は、好奇心いっぱいで山崎尊(平岡祐太)と、占いの館で行われていたテレビ番組の収録に、桜について行くことになった。その会場で麗香に指名されたキイナは、性格や元恋人・工藤真一郎(塚地武雅)への想いをズバリ言い当てられすっかり舞い上がってしまう。


本番終了後、麗香に占ってもらった桜は、“身近な人に死が近づいている”“純白のウエディングドレス”が見えると告げられ、それが美和子のことだと察した桜は、キイナらと自宅に駆けつけた。そこで死亡している美和子を発見してしまう。


現場検証によると、美和子の死因は、毒物による中毒死だと判明。結婚式を目前に幸せそうだった美和子が自殺するはずがないと、桜は主張するが「感情論でモノを言うな」と、雅一馬(沢村一樹)は制す。捜査が進む中、死亡推定時刻直前に美和子の部屋から出て行く男の姿を隣人が目撃していた事が判明。男は美和子の婚約者の須藤啓介(前川泰之)だった。早速、雅は、須藤に任意同行を求め事情聴取が行われた。

その頃、マスコミが麗香を殺人を予言した占術師と騒ぎ始めていた。キイナは、なぜ麗香が美和子の死を予言できたのか不思議に思い―――。



キイナ〜不可能犯罪捜査官 第4話ネタバレ

高原美和子(黒坂真美)殺害の犯人は、占い師の星宮麗香(南野陽子)

麗香がテレビ番組の収録でキイナに「恋愛のことで悩んでいる」と言い当てたのは、占いのトリック。麗香が使っていたタロットカードは、実は全て同じ柄のカードだった。新品のカードの封を切って出せば、バラバラのカードだと思う先入観を利用したトリックで、キイナくらいの年齢なら大体の人に当てはまることを、麗香は言っていただけだった。

このように、相手に選ばせているように見せかけて自分の思い通りの選択をさせる方法を「フォーシング」と言い、誰にでも当てはまりそうで、それでもすぐに真実かどうかは分からないことを言って相手を誘導する方法を「コールドリーディング」と言う。

麗香は、この「フォーシング」と「コールドリーディング」を使って占い相手に信用させていたが、それでも美和子の死を言い当てたのは不自然というキイナの推理から、麗香に疑いが掛けられた。

だが、麗香が本当に殺したかったのは、美和子ではなく、美和子の婚約者の須藤啓介(前川泰之)だった。

7年前。須藤は、麗香の妹と付き合っていたが、須藤の運転するバイクの事故で妹は死亡。美和子を占ったときに見せられた写真の須藤が幸せそうに笑っていたのが許せず、麗香は須藤の殺害を決意した。

須藤ではなく美和子が死んでしまったのは、須藤が使うと思って毒を塗った青色のワイングラスを、美和子が使ってしまったためだった。

スポンサードリンク
posted by キイナ〜不可能犯罪捜査官ネタバレあらすじブログ | キイナ〜不可能犯罪捜査官ネタバレあらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。